コラム

セミは数学好き?

セミは数学好き?

2021/5/29 考える知識

今年は昆虫学者にとって特別な年です。なぜかって? それは「17年ゼミ」の一番大きな群れが発生する年だから!

 北アメリカには「周期ゼミ」や「素数ゼミ」と呼ばれる、毎世代ほぼ正確に17年または13年で成虫になり大量発生するセミがいます。それぞれ17年ゼミ、13年ゼミと呼ばれていて、ほぼ毎年どこかで発生してはいますが、同じ地方では周期ごとにしか発生しません。そして今年は一番大きな群れが17年ぶりに大発生するというわけ。その数なんと数十億匹! セミ嫌いからすると悪夢そのものですが、彼らはなぜ「17年」や「13年」という周期で大発生するのでしょうか。

 答えは、生き残るため。

まず1713といった素数年での発生は、同じように周期発生する捕食者や寄生虫と出会いにくくするためだといわれています。例えば、もしセミの発生周期が12年だったら、2年周期や3年周期で発生する寄生虫とは常に同時発生する羽目になってしまいます。しかし13年であれば、2年周期の寄生虫とは26年ごと、3年周期の寄生虫とは39年ごとにしか出会わないのです。また一度に大量発生することで、捕食者に食べつくされないようにしていると考えられています。

 セミが素数を利用しているなんて、面白いですね。

...続きを読む
クリエイショニスツ・ナイトメア

クリエイショニスツ・ナイトメア

2021/5/21 考える知識

 お母さんのお乳を飲んでこどもが育つような生き物のことを「哺乳類」と言いますね。私たち人間も哺乳類です。哺乳類は、今からだいたい1.5憶〜2憶年くらい前に爬虫類から進化したと言われています。その証拠として考えられている生き物をご存じですか? そう、オーストラリア大陸東部とタスマニアにのみ生息するカモノハシです。

 カモノハシはお乳を出して子供を育てるので哺乳類に分類されていますが、爬虫類の特徴を多く持っています。例えば、普通の哺乳類は、赤ちゃんが生まれる穴とおしっこの出る穴・うんちの出る穴が全て別です。しかしカモノハシは全部同じ穴! これは爬虫類の特徴です。また、前述のお乳にしても、普通の哺乳類なら乳首から出ますが、カモノハシに乳首はありません。お腹から直接にじみ出てくるのです。極めつけに、カモノハシは卵を産みます。他にも、くちばしにある電気のセンサーで餌の位置を探し当てたり、蹴爪に毒を持っていたり……哺乳類でありながら爬虫類の特徴をたくさん備えているため、爬虫類が哺乳類へ進化し始めた初期の頃に生まれた生物だと考えられているのです。はじめに気づいた人はビックリしたでしょうね。


...続きを読む
オランダからの借り物

オランダからの借り物

2021/4/1 考える知識

 お転婆、ポン酢、オルゴール……これらの言葉の共通点が分かりますか? 正解はオランダ語からの借用語であるということです。どうでしょう、オルゴールは英語だと思っていませんでしたか? お転婆やポン酢に至っては、元々日本語だと思っていた人も多いのではないでしょうか。

 オランダは1609年、長崎県の平戸で日本と貿易を開始し、日本が鎖国となってからもヨーロッパで唯一交易を保ち、様々な文化や物を日本に伝え続けました。その過程においてたくさんのオランダ語の言葉が流入、定着したというわけですね。ギプス、メス、ピンセットなど医療関係のオランダ借用語が多いのも、当時の日本がオランダから多くの医療技術を学んでいたためでしょう。

 他にも、インキ、コップ、ソーダ、モルモット……などなど、オランダからの借用語を挙げればキリがありません。ふだん英語だと思って使っているその言葉、本当に英語ですか? オランダ語以外にも、ポルトガル語やスペイン語がまぎれていますから、調べてみるのも面白いですね。

...続きを読む
渋沢栄一

渋沢栄一

2021/3/2 考える知識

一昨年、日本政府と日本銀行から「2024年に紙幣を新しくする」と発表がありました。その新一万円札に描かれるのが、「近代日本経済の父」と呼ばれる渋沢(しぶさわ)栄一(えいいち)です。

彼は現在の埼玉県深谷市に豪農の子として生まれ、江戸時代末期には幕府に仕え、明治維新後でも新政府で様々な法整備に努めました。その後は政府内で数々の功績を残しながらも役人を辞め、実業家として多くの会社や機関の設立・育成に関わり、日本を発展させました。その数は500を超えるといいます。渋沢栄一について良く知らないという人でも、日本初の銀行「第一国立銀行(現在のみずほ銀行)」を設立したのも「日本鉄道(現在のJR東日本)」に資金援助をして大きくしたのも渋沢栄一だと知ったら、驚くのではないでしょうか。まさに「近代日本経済の父」ですね。

新一万円札に起用されたことにより注目度が高まっている渋沢栄一。今年のNHK大河ドラマ「青天を衝け」も、渋沢栄一を主人公に幕末から明治までが描かれています。是非家族で視聴しましょう。

...続きを読む
鬼を滅せよ節分

鬼を滅せよ節分

2021/2/1 考える知識

 さてさて、世間で鬼退治が流行っているとなれば気になるのは節分です。皆さん、節分がいつだかご存知ですか? 2月3日と答えた人、ぶぶー。今年の節分は2月2日なのですよ。節分とはその名の通り、季節の分かれ目。春の始まりである立春の前日となるので、そこがずれると節分もずれるわけです。

 では、なぜ立春がずれるのか。そもそも立春は「二十四節気」といって季節の1巡を24等分してそれぞれの境目に名前を付けたものの1つです。「季節の1巡って、要するに1年でしょ?」と思いきや、実はそうではありません。本当は、地球の季節が1巡するためには365日と6時間くらいかかるのです。だから1年を二十四節気に当てはめて定期的な運用をしようとすると、1年につき6時間くらいずつ誤差が出てきて、ずれが生じます。ずれた結果、2021年は23日が立春にあたるわけですね。

 ちなみに立春の日が23日=節分が22日になるのは、明治30年(189722日以来124年ぶりのこと。逆に1984年(昭和59年)は立春の日が25日で節分が24日だったそうですが……覚えている人はどのくらいいるでしょう!?

...続きを読む
換気……ではなく歓喜せよ!

換気……ではなく歓喜せよ!

2021/1/4 考える知識

年末年始になるとよく耳にするあのメロディー……そう、ベートーヴェンの「第九」です。2020年はベートーヴェン生誕250年周年でもありましたが、皆さんはベートーヴェンや彼の第九についてどのくらい知っていますか?

ベートーヴェンはドイツの作曲家・ピアニストで、20代後半から難聴に苦しみ40歳頃にはほとんど全聾となりながらも、多くの楽曲を遺しました。

そんな彼が54歳のときに発表した大傑作が、交響曲第9番、通称「第九」です。その中でも我々が特に耳にするのは第4楽章の「歓喜の歌」で、シラーという詩人の書いた詩が歌詞として使われています。「抱擁と接吻を全世界に」「すべての人々は兄弟になるのだ」といった内容です。

 そんな第九が年末に演奏される慣例は第一次世界大戦が終わって平和を願う声が高まった頃にドイツのライプツィヒで始まり、日本でも第二次世界大戦後の1947年に日本交響楽団が年末のコンサートで演奏したところ観客たちの胸を打ち、以降「年末年始に第九」が定着したそうです。

 あの華やかな演奏の裏には、平和への願いが込められていたのですね。

...続きを読む
国名

国名

2020/12/5 考える知識

ニュースを見ていたり社会の勉強をしていたりすると、外国の名前が漢字一字で表されていることがありますね。文を全て漢字で書く中国では昔から、外国の名前を漢字(当て字)で表すのは当たり前でした。遣隋使を送って中国から情報や文化を得ていた日本でも、明治時代まではそれが普通だったのです。

日本では片仮名が普及するにしたがって外国の名前も片仮名で表記するのが一般的になりましたが、今でも政治や貿易などで関わりのある主要な国は、漢字表記した際の頭文字などを一字取り略称として使うことがあります。たとえばイギリスのことを「英」と表すのは、イギリスを漢字で書いた「英吉利」の頭文字を取っているからです。他にも、亜米利加(アメリカ)の「米」や印度(インド)の「印」、伊太利(イタリア)の「伊」、独逸(ドイツ)の「独」、仏蘭西(フランス)の「仏」など、皆さん見覚えがあるのではないでしょうか。主要20ヵ国くらいは是非知っておきたいですね。自分で調べてみましょう。中にはなるほどと思わせるような面白い当て字もありますよ!

...続きを読む
国勢調査

国勢調査

2020/10/13 考える知識

今年は新型感染症の影響もあり、国勢調査のオンライン回答に注目が集まっています。ところで国勢調査って何でしょう?

 国勢調査は「日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯」を対象とした統計調査です。5年に1回行われ、「どこに住んでいるのか」「どんな家族で住んでいるのか」「どんな仕事をしているのか」などを調べます。調査の結果は、少子・高齢化対策、防災対策、雇用対策などの行政施策に役立てられたり、衆議院議員選挙区や地方交付税の計算に使われたりします。また、将来人口・世帯数の推計のための基礎資料として、学術的研究へ利用されることもあります。「現在の日本」がどんな様子なのか、「未来の日本」のために何が必要なのかを明らかにするために大事な調査なのです。

 なお今年は第21回の国勢調査があり、実施100年目の節目! 書面による回答の他、前回(平成27年)から始まったオンライン回答が引き続き可能です。24時間いつでもどこでも回答できるので、きちんと回答に協力する人が増えることが期待されています。

...続きを読む
北極星

北極星

2020/9/7 考える知識

北極星って、ご存知ですか。「こぐま座にある、『ポラリス』のことでしょ」と答えてくれた人、うーん、70点です。ずーっと昔やはるか未来には、ポラリス以外の星が北極星である時期もあるのですよ。

そもそも我々は、地球の自転軸を北極側に延長した天球面上の「天の北極」と位置がほぼ一致している明るい星を北極星と呼んでいます。地球の自転軸の延長線上にあるということは、地球上から見ると他の星と違ってほとんど動かないということ。だから大昔の人々にとってはとても神秘的だったし、船などで旅をするときに方角を知るための目印ともなる、特別な星だったのです。

さて、そんな北極星ですが、ときどき別の星に交代します。地球の自転軸が少しずつ動いているからです。自転軸が動けば、その延長線上にある星も当然変わります。例えば、現在はおなじみ「ポラリス」が北極星ですが、何千年も先には、はくちょう座の「デネブ」や、こと座の「ベガ」北極星になるそうです。動かないはずの北極星が「動く」というのは、なんだか不思議ですね。

...続きを読む
だむだむ

だむだむ

2020/9/7 考える知識

 今年は梅雨が長く、ニュースなどでダムの話題をよく耳にしますね。ところで「ダムの存在は何となく知っていても、ダムが何のためにあるのかは知らない」と言う人も多いのではないでしょうか。

 ダムは主に「治水」「利水」「発電」のために作られます。

 治水というのは、大雨が降ったときに川の水が溢れないよう、川を流れる水の量を調整することなどを指します。また利水というのは、田畑に水を送ったり市民の生活用水を確保したりすることを指します。簡単に言えば、大雨のときに水を溜めておいて、日照りのときにそれを使うということです。

 そしてダムに貯めた水や川を流れる水の力を使って電気を作ることを「水力発電」といいます。水を高いところから低いところに向かって流して水車を回すことで電気を作り出しているのです。 なお水力発電に使った水は川から海に流れていき、蒸発して雲になり、また雨としてダムに戻ってきます。環境を汚さず何度でもくり返して利用できる「再生可能エネルギー」です。

 ダムは、雨の多い日本で人々が豊かに暮らすため役立っているのですね。

...続きを読む